片流れ屋根 長手

片流れ屋根・招き屋根の立面図を掲載します。

 

片流れ屋根は、長手と短手の両方向を載せました。
また、両方向の片流れも載せました。

 

片流れ 長手

003-03 片流れ 長手

 

片流れ屋根の立面図です。この場合は金属板による瓦棒葺き使用にしてあります。勾配は2寸勾配です。
和風ということにこだわったため、破風板は水上のみにしてあります。
破風板を四方に回し母屋を隠すような使用にすればまた表情が変わったかもしれません。

 

図面は水上を西側に持ってきました。LDKを吹き抜けにして明るいLDKにしてもいいでしょう。
ただし、夏の暑さ対策は必要になります。
また、空間が大きいので小屋裏収納としても利用できます。

 

片流れ屋根 短手

片流れ屋根の短手方向に架けた場合の立面図です。

 

屋根の仕上げは、前掲の屋根と同じで瓦棒葺きです。

 

水上を北側に持ってきました。
吹き抜けにして明るさを確保できます。北側からの採光ですので時間に変わりなくやわらかい明るさになります。

 

このプランでは、窓が付いていませんが、廊下に採光をとってもいいでしょう。

 

片流れ 短手

003-04 片流れ 短手

片流れ屋根 両方向 長手

片流れ屋根の変形です。
大きな屋根と小さな屋根で構成されています。
小屋の壁に窓を付けて採光をとってもいいでしょう。

 

個の屋根も、瓦棒葺きの仕様にしてあります。

 

片流れ 両方向 長手

003-05 片流れ 両方向 長手

 

片流れ屋根 両方向 短手

片流れ屋根ですが、両方向の屋根があり、短手方向の流れです。
短手方向ですが、瓦屋根使用で表現しました。

 

廊下への採光が窓を付けるだけでできます。

 

片流れ 両方向 短手

003-06 片流れ 両方向 短手