推薦書籍 建築の伏図・矩計図関係書籍について

 

管理人が所有している書籍から伏図や矩計図の解説がある書籍は何冊かあります。

 

ここでは、その中でも勉強になった書籍を紹介します。

 

■ 安全な構造の伏図の描き方 監修:松留愼一郎
伏図を描く手順がわかりやすく解説されています。自分の手順もほとんどこれと同じでした。書店で見かけてすぐに購入した覚えがあります。ただ事例が一つしかないのが残念です。

 

■ 木造住宅の形と骨組 編著:神山定雄
同じ平面図で屋根の形や屋根葺材を変えて、それぞれの伏図が記載されている書籍です。伏図は参考になりました。この書籍の考えが「屋根による表情の違い」を考える原点になっています。

 

■ 木造住宅の断面設計 編著:神山定雄
上記書籍の続編ともいうべき書籍です。この書籍は断面図や軸組図が記載されており、参考になります。また階高の設定のページがありますが、詳しい解説がないのが残念です。

 

以上のほかにも、多数の書籍が伏図を扱っていますが、伏図専門の書籍はこのくらいではないでしょうか。矩計図に至ってはほとんど書き方のみの書籍ばかりです。

 

管理人所有の蔵書を、これから読み返してみますが、今のところは上記3冊を紹介します。